Category: 面白い海外旅行

ドイツ➡チェコ➡オーストリア

10日間で沢山の街へ行きました。 フランクフルト→シュベリン→ビスマール→ドレスデン→プラハ→ウィーン 合計2500キロの旅でした。 それぞれの街の印象や特徴は フランクフルトはとても国際的でちょっと忙しい街。ライン川の支流、マイン川が流れています。 シュベリンは湖に囲まれた静かな街。シュベリン城はとても素敵です。 ウィスマーは可愛くておとなしい街。緑がいっぱいです。 ドレスデンは賑やかな街。街の中をエルベ川が流れています。 プラハは華やかな街。観光客でいっぱいでした。モルダウ川は有名です。 ウィーンは文化的な街。プラハとちょっと似ています。ヨーロッパで最大のドナウ川が流れています。 今年はどんな街へ行っても暑かったです。 一番涼しい街は北ドイツのシュベリンでした。

Posted in ニュース(ブログ・動画), 面白い海外旅行

ニュージーランド ウェリントン

  大学の海外研修でニュージーランドに2週間程滞在しました。夕方の5時ごろ店が閉まるのに驚きました。平日は大学に通い、休日は海で泳いだり、買い物をしました。休日だけでなく、平日も仕事を終えて、街中で夕食を楽しんだり、遊んだりしている姿がよく見られました。国民の幸福が感じられる国でした。ホームステイ先の子どもがとても可愛らしかったです。ウェリントンは山や海など、きれいな自然がたくさんありました。紫外線が強く、現地でSPF85の日焼け止めを購入しました。

Posted in 面白い海外旅行 Tagged with: , ,

人生でいちばん楽しかった海外の思い出

20歳の時、アメリカに1ヶ月ホームステイした時の事、ホストファミリーやその周りの人たち、全ての人がとても愛のある素敵な人たちで、もっと英語が上手に話せたら、もっと色々な事を話せるのにと思った。コミュニケーションでいちばん大切なのは言葉。同じ言葉を話す、同じ国の人でもいちばんのコミュニケーションツールは言葉。言葉がないと何もできない。

Posted in 面白い海外旅行 Tagged with: ,

台湾の若者について

台湾を旅行した時、こんな話を聞いた。台湾の若者の間で「クソ」という言葉が流行っているというのだ。言うまでもなく日本語からの借用なのだが、台湾ではこの言葉は日本語のそれとは違って、肯定的な意味合いで使われることが多いという。 詳細は不明だが台湾で使われているこの「クソ」はどうやら日本語の「クソゲー」がインターネットを経由して入ってきたものらしい。クソゲーというのはもともと「面白くないテレビゲーム」という意味だが、それがどこかで「無意味だがどこか面白いもの」という意味に転じたようだ。 世の中にはクソゲー愛好家という、投資でいう逆張りのようなことをする人たちがいて、そういう文化が一緒に受容されたのかもしれない。あるいは、せっかく買ったのに面白くなかったゲームを挙げてみんなで笑い合う(大げさに言えば悲劇を喜劇に転化させる)ネット文化が一緒に受容されたのかもしれない。 現在でも「クソ」という言葉が台湾の若者の間で使われているのかはわからない。俗語、とりわけ若者言葉というのは流動的で、いずれ消えてゆくのが常であるから、もう使われていないかもしれない。あるいは更に意味が変容しているかもしれない。 兎に角、台湾に行くまで私はこんなことは全く知らなかった。 台湾の俗語を調べに行ったわけではないのだけれど、このエピソードは台湾旅行の中でとても印象的だった。 まあ、そこに行ってみて初めてわかることがある、という話。

Posted in 面白い海外旅行 Tagged with: ,

デンマークのコペンハーゲン 「人魚姫」

  私がデンマークのコペンハーゲンに行ったときの話です。 子どもの時に読んだ童話で大好きだった「人魚姫」が見られると聞いてガイドブック片手に寒いなか行きました。そのときは三月でしたがとても寒かったです。 やっと着いて「人魚姫」はどこ?と探しました。 ガイドブックで見た「人魚姫」とは違ってそれはあまりにも小さかったです。 あとで知ったのですが「人魚姫」は世界三大がっかりの一つだそうです。 あとの二つとはシンガポールの「マーライオン」とベルギーの「小便小僧」です。 みなさんもここを訪れるときはくれぐれもあまり期待しないように!

Posted in 面白い海外旅行 Tagged with:

オーストラリアにホームステイ

  今年の2月に1ヶ月間、オーストラリアにホームステイをしました。ゴールドコーストに滞在したのですが、関わった人全てとても優しい方々ばかりでした。わたしのカタコトな英語をしっかりと聞いてくださり、何不自由なく生活することができました。ホストファミリーともたくさんの会話をしましたが、自分の英語力の無さで、何度も悔しい思いをしたので、もっとちゃんと話せるようになりたいと思いました。オーストラリアでは特につちぼたるを見に行ったのが一番の思い出となりまし た。

Posted in 面白い海外旅行 Tagged with:

シュヴェリーン城(Schweriner Schloss)

シュヴェリーン城はメクレンブルク=フォアポメルン州の州都、シュヴェリーンにあるお城です。周辺を多くの淡水湖に囲まれていて、湖の上に浮いているような印象を受けます。冬には周辺の湖が凍り、湖の上を歩くこともできます。初めてのドイツで、初めて見たお城がシュヴェリーン城だった私には、どの他のお城よりも衝撃を受けた思い出深いお城です。

Posted in 面白い海外旅行 Tagged with: ,

北ドイツの夏の海

ヴァーネミュンデ (Warnemünde)   ロストックでは休日に森や海岸をよく散歩しました。大自然の中での散歩は、心身ともにリフレッシュすることができ、とても穏やかな気持ちになりました。ロストックにあるヴァーネミュンデは、絵本に出てきそうなとてもかわいらしい港町で、リゾート地としても有名です。 若者やロストック大学の学生達が海水浴や日光浴を楽しんでいます。ドイツの夏は非常に短いのですが、日没がとても遅くなります。夜8時を過ぎてもまだ明るい日もあり、とても不思議な気分になったことを覚えています。      

Posted in 面白い海外旅行 Tagged with:

グアム 横井ケーブ

グアムの中心にある横井ケーブ 入り口ではブタがお出迎えをしてくれます。 ここは横井庄一さんが潜伏生活をしていた洞窟のレプリカが再現されています。 横井さんは1943年に日本兵としてグアムに派遣され、終戦後も外へ出る事ができす、28年間もの長い歳月をグアムのジャングルの中で生活した事で有名です。 現在見ることができるのはレプリカですが、当時の生活の様子がリアルに再現されており、何もない環境で28年間も生活していた事に驚きます。 横井ケーブ内には、ケーブルカーがありグアムの自然豊かな景色を楽しむ事ができます。 またグアム博物館やミニ遊園地などもあり見所が多くありますよ。

Posted in 面白い海外旅行 Tagged with: , , ,

韓国 お手洗い博物館

韓国の水原という街にある博物館です。 水原の元市長であったシム・ジェウクさんの便器型の旧邸宅を博物館として開放しています。 室内と屋外に展示物があり、世界のトイレの歴史を紹介しています。 無料で開放されているので誰でも自由に利用できます。

Posted in 面白い海外旅行 Tagged with: , , , ,