ドイツ語レベルの目安

ドイツ語レベルを表す際によく使われる、ヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)のレベルごとの大まかな目安をご紹介します。

試験表

A1: 簡単で日常的な表現なら理解することができ、自己紹介や簡単なやり取りができます。
A2: 基本的な表現を理解し、日常的な会話をすることができます。
B1: 標準的なドイツ語なら、話の要点を理解することができ、旅行先でのトラブルにも対処することができます。
B2: 自然に話すことができ、自分が関係する分野で、抽象的な内容を理解することや自分の意見を述べることができます。
C1: 自分の意見を流暢に表現し、難解な表現や言葉のニュアンスを汲み取ることができます。学生や社会人になるのに必要なレベルです。
C2: 母語話者とほぼ変わりないレベルです。ほとんどすべての事柄を瞬時に理解し、自分の意見を淀みなく表現することができます。
Posted in ドイツ語試験, ニュース(ブログ・動画) Tagged with: ,