Hut ab! (脱帽する)

hut abWenn man von jemanden eine Leistung bewundert oder anerkennt, sagt man in Deutschland oft: “Hut ab!”
Das kommt daher, dass früher verschiedene Hutfarben und -formen zeigten welchen Stand der Träger angehörte. Als Gegenstück zur Krone gab es auch bestimmte Hüte für Adel und Priester. Daraus entwickelte sich ein Herrschaftssymbol, das auch seinen Träger symbolisieren und dessen Machtansprüche demonstrieren konnte. Als Zeichen der Ehrerbietung musste der Rangniedrige vor dem Ranghöheren den Hut ziehen.

 

ドイツでは誰かが素晴らしい事をしてくれた時に、尊敬と感謝を表すために”あなたには脱帽です!”と言います。日本語でも脱帽と言いますね。
ドイツ語では Hut ab!と言い、発音は:フート アップになります。
昔は帽子の形と色を見れば、どんな民族に所属しているかが分かりました。また王様の冠を基準に、それぞれの地位に合わせて異なる帽子をかぶっていましたから、帽子を見ただけでその人の権力が分かりました。
またドイツでは、目下の人は目上の人に対して帽子を脱がなければなりませんでした。これらの文化は、日本とよく似ていますね。

Posted in 面白いドイツ語表現 Tagged with: , , ,